江東区周辺の中古マンション最新情報

ブログ一覧

スーパーシティ計画で不動産価値も変わっていくかもしれない!

こんにちは!中古マンション売却コンサルタントのツノダです。

いつもご覧になっていただきありがとうございます。


本日は「スーパーシティ計画で不動産価値も変わっていくかもしれない!」というテーマでわかりやすく解説いたします。

※動画もご覧ください。

【スーパーシティとは?】

簡単にいうと、未来都市のようなイメージです。車は自動運転、配送も自動だったり、最後はドローンだったり。コンビニは無人、すべてキャッシュレス、行政はオンラインで完結。

などなど現金がいらなくなったりとか、遠隔で仕事できたり、医療、教育が受けられたりします。

背景

生活全体をIT化という感じですね。

ただし、スマートシティ化するためには、信号だったり、地下のインフラ自体を変えないといけないようですので、古い町並みで、道路が入り組んでいたり、住宅密集地をスマートシティに変えるのは難しいかもしれません。


ですので、この構想もグリーンフィールド型という何もないところに未来都市をつくる取り組みと、ブラウンフィールド型という、既存の都市を作り変える取り組みの2種類を想定しているようです。

画像3

【世界では】

まるごとの未来都市はまだ実現できていないようですが、世界各地で進んでいます。

有名なところだと、エストニアの電子政府でしょうか。ドバイとかシンガポールも進んでいるみたいですね。


ちなみにカナダのトロントでも計画がありましたが、住民の猛反発により、グーグル系の企業が撤退したようでして、賛否両論あるようです。

画像2

【トヨタ】

日本ではトヨタ自動車が「コネクティッド・シティ」を、2021年初頭にも静岡県裾野市で着工する計画を明らかにしましたね。

2020年末に閉鎖する予定となっている東富士工場の跡地を活用する計画で、将来的に175エーカー(約70.8万屐砲糧楼呂如岾杭遒蝓廚鮨覆瓩襪箸いΑ

70万屬箸いΔ函⊇腸それぞれ840mくらいでしょうか。どうもディズニーランド2戸分で、居住人口2000人ほどで始めるということです。

高速自動運転、低速運転及び歩行者、公園を伴う遊歩道の3種類をつくるようです。


エリア内では交通事故も起こらないだろうし、安全なのかなと思います。私はというと、住みたいとは思わないのですが、一度行ってみたいとは思っています。

【地方】

地方は過疎化が進んでいまして、道路とか、電線とか、水道管とかインフラの維持って大変だと思います。

田舎に行くと、ガードレールがさびていたりとか、道路脇の草木が茂っていて刈られていなかったりもします。古い水道管が破裂したなんてニュースもたまに聞きます。


地方はスーパーシティにして、インフラを集中させないと財源が厳しいかもしれません。お年寄りの交通事故なども減らせるかもしれません。

そして、急病のときもスーパーシティの方が間違いなくいいと思います。


【デメリット】

理想的な暮らしが待っていると思うかもしれませんが、デメリットもあるんです。

このスーパーシティを実現するには個人情報がすべて筒抜けになってしまうことです。


どこへ移動して、どこでお金を使って、どんな発言をしたかがすべて国に把握されてしまいます。

そうすると、国の意向に反する発言をすると、すべてを止められてお金を使えなくなったり、移動できなくなったりするかもしれません。


あとは、サイバー攻撃されるとすべての機能が止まるということもあるかもしれないですね。

プライバシーがなくなるということで、ツイッターなどを見ると反対が多いようですね。


【不動産価格は?】

仮にスーパーシティ計画がどんどん進んでいくとなれば、これまで何もなかったところに数十万人が住むことになり、人口の大移動が起こります。

そうするとこれまで人気のあったエリアがスーパーシティ化できずに過疎化していくというシナリオがあるかもしれません。

実際に田舎だと、道が細くて、昔栄えた旧市街よりもイオンの近くが街の中心に変わったりしています。



スーパーシティが実際に実現するかもわかりませんし、先のことはわかりませんが、少しづつ世界が変わっていくのは間違いないと思います。

30年後とかには都市の価値が全く変わっているかもしれないというシナリオがもしかすると、あるかもしれません。

日々、状況は変わっていくかもしれませんので、なにがベストか考えて行動していきましょう。同時に考えてもわからないことはあるので気にしないというのも一つの方法かもしれません。


【本日のまとめ】

スーパーシティとは生活をまるごとIT化した都市でして、キャッシュレス・自動運転・オンラインサービスを行うために、都市自体のインフラを変える必要があります。

世界中でスーパーシティ計画が進んでいたりもするのですが、トロントのように撤退もあったりします。



日本ではトヨタ自動車が静岡県裾野市で2021年に着工します。

地方は過疎化により、スーパーシティに変えていかないと財源が厳しいかもしれません。また交通事故・緊急医療などを考えるとスーパーシティの方がいいのかもしれません。


ただし、デメリットとしてプライバシーがなくなってしまうというリスクがあります。

仮にスーパーシティがどんどん進むと、新しい都市ができて、既存の都市が過疎化するなんてこともあるかもしれません。常に最新の情報を入手するようにしていきましょう。


本日は以上です。

ご質問等ございましたらお気軽にお願いします。

また、売却相談や査定依頼などもお待ちしております。


最後までご覧になっていただき、ありがとうございます。

マンション売却時の仲介手数料は成約価格の1%!江東区のマンション売却は仲介手数料1%・ご購入は最大無料のエムティーハウスへwww.mthousetokyo.net



1.当社ならマンションをご売却する際の仲介手数料は成約価格の1%です。

2.マンションをご売却する際の流れ

3.代表・角田の自己紹介・会社概要です。

4.無料査定依頼はこちら

更新日時 : 2020年05月26日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2020年05月        >>
          12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31           
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)