江東区周辺の中古マンション最新情報

ブログ一覧

5年後の近未来について勝手に考えてみた。

こんにちは。
中古マンション売却コンサルタントのツノダです。
江東区を中心に中古マンション仲介を行っており、自分自身でも不動産投資を行っています。

本日のテーマは「5年後の近未来」についてお話したいと思います。

ネットで見たものや、私の空想が混ざっています。

※あくまでも個人の見解です。

読むのがめんどくさいという方はぜひ動画をご覧ください!




まず思いつくのが物流・店舗

コンビニは無人化が進んでいくでしょう。Amazongoのように無人になり、レジでの待ち時間はなくなります。スーパーや家電量販店にもこの仕組みは応用されそうですね。

一方、規制の緩い国ではドローン配送が一般的になるが、日本は規制が厳しく進まず。変わりに置き配が一般的に。そのお置き配はセンサーなどがあり、盗難などの心配はない。

次に移動手段

無人自動車タクシーが一般的になっているでしょう。電気自動車でAIが運転するから静かで揺れず、仕事もできたり、スマホも見れる。さらに渋滞もなくなり、料金もやすくなり、通勤時間が気にならなくなる。

そうすると、郊外の自然が多いところに住む人が増えたり、二地域居住という選択肢も今より一般的になっているかもしれない。

そして住居

都心に住む必要がなくなってしまいそうだが、学校教育の制度はたいして変わらず。子供の教育やステイタスを考え、人はやっぱり都心に住む。ただ駅からの距離は意味がなくなり、マンション購入基準でも駅からの距離は優先順位が下がる。

そして、ネットや物流の進化でシェアできるものが増え、狭くても気にしない人が増えてきて、マンションの平均平米数は狭くなる。駐車場が必要なくなるので、トランクルームに変わっていく。

仕事(ホワイトカラー)

50才以上世代の対面で会わないとという考え方自体は残るが、5Gによるスムーズなテレビ電話や電子契約により対面の必要性は減る。そして、東京のオフィスは縮小し、その分フィットネスやラウンジなどゆとりのスペースが増える。ただ自宅では仕事に集中できないので、仕切りのあるカフェ(実質レンタルオフィス)が増える。

まとめ

そう考えていくと、自動運転ではgoogle、配送ではamazonが世界的な覇権を握り、GAFA+MNの中でも優劣がついてくると思います。

【 こちらもぜひご覧ください】

1.当社ならマンションをご売却する際の仲介手数料は成約価格の1%です。

2.マンションをご売却する際の流れ

3.代表・角田の自己紹介・会社概要です。

4.無料査定依頼はこちら

更新日時 : 2020年03月14日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2020年03月        >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031       
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)