江東区周辺の中古マンション最新情報

ブログ一覧

2020年5月、価格別・専有面積別中古マンション売れ行きはどうなの?

こんにちは!中古マンション売却コンサルタントのツノダです。

いつもご覧になっていただきありがとうございます。

本日は「2020年5月、価格別・専有面積別中古マンション売れ行きはどうなの?」というテーマでわかりやすく解説いたします。

※動画もぜひご覧ください。

なぜ大幅に減っているかや、なぜ比較的減っていないかの理由についても解説していきますので、もしよろしければ最後までご覧になってください。

マンションを買いたい方、売りたい方はもちろん、興味だけはあるという方など、ぜひ多くの方にご覧になっていただければと思います。


【全体像は?】

まず調べてみたのは東京都と千葉県の中古マンション成約数です。

今回は50平米以上とか、平成築以降とか制限を設けず、すべての中古マンションを対象にしています。ですので、投資用の1Rから億ションまですべて含んだデータです。

あと2020年5月と1年前の2019年5月とで比較していますが、1日〜19日までとなっています。両年ともゴールデンウィークと土日2回となります。


注意点としては、19日間分となりますので、データ総数が少なくばらつきがあるかもしれないということです。そして、今回は東京都と千葉県のみの調査となりますのでご了承ください。

あと、成約数が比較的減っていない理由や、大幅に減った理由も解説しますがあくまでも個人の見解となります。



結果は東京都が前年比38%、千葉県が前年比37%の成約数となっています。

4月同様に5月も成約件数は落ち込んでいます。まあ、緊急事態宣言も続いていますので当然の結果ではあるのかなと思っています。

21日

ただし、価格帯別、専有面積別で比較してみると一律に減っているわけではないというデータがでてきましたので、解説していきたいと思います。




【専有面積別】




こちらが、東京都の専有面積(平米数)ごとの成約数です。30平米未満は投資用、30平米〜50平米は独身とかご夫婦が多く、70平米以上はご家族が多いと思われます。

圧倒的に減っているのは、前年比26%にまで落ち込んでいる30平米未満のタイプでして投資用が減っていることがわかります。いわゆる投資用の1Rマンションの成約数が減っているということになってきます。




30平米〜50平米(前年比42%)70平米以上(前年比37%)は極端な違いはないものの、70平米以上の方が落ち込んでいて、ご家族の方が落ち込みが多いことがわかりました。

東京都平米

千葉県の場合はもっと顕著に現われました。30平米未満はデータがないため、除外するとして、

50〜70平米未満が前年比57%なのに対して、70平米以上は前年比28%と大幅に落ち込んでいます。

ご家族の方が、自粛をしっかりと守っている方が多かったり、子供の小学校が休校の中で引っ越しましたとは言いにくいということもあるかもしれません。

千葉県平米

東京都・千葉県対前年比(面積別)





【価格別】

東京都の成約件数を価格帯別で比較すると、意外なデータとなりました。

6000万円台が前年比52%、7000万円が前年比47%と6000万円未満の価格帯と比較して、減っていないことがわかりました。


私は高額帯ほど、買い控えが起こるのではないかと思っていました。もちろん買い控える方も一定数いらっしゃるかとは思うのですが、6000万円以上のマンションを買う方というのは当然高所得者層が多く、デスクワーク比率も高いのかなと思います。

そうすると、テレワークが比較的しやすく、先行き不安があるという方が実は少ないということがあるかもしれません。株価が思ったより下がらず20,000円前後で踏ん張っているという効果もあるのかもしれません。

東京都価格

千葉県の場合は、真逆の結果になっていて、1000万円未満の成約は前年比66%と比較的減っていないという結果になりました。


仮に1000万円の住宅ローンであれば、フラット35の固定金利(金利1.3%と仮定)でも毎月30,000円弱の返済(35年返済)となってしまうので、成約数が減っていないということがあるのかもしれません。

あと、もしかすると不動産投資家もローンではなく、現金で狙っている傾向があるかもしれません。東京都の1Rの成約が大幅に減っていて、千葉県の1000万円未満の成約が比較的減っていないのはこんな現象かもしれません。

千葉県価格

価格別

【本日のまとめ】

2020年5月前半は東京都・千葉県とも前年比40%を割り込んでいる。


東京都は30平米未満の投資用1Rの成約数が大幅に減っている。そして比較すると、30平米〜70平米のコンパクトタイプより、70平米以上の家族向けの間取りの方が成約数が減っている。

千葉県も70平米未満より、70平米以上の方が圧倒的に成約数が減っていて、子供のいるご家庭の方が自粛をしっかりしていたり、動かない傾向があるかもしれません。


価格別だと、東京都は6000万円以上の高額帯が意外と成約数が減っていない。これはテレワークがしやすいデスクワークの高所得者層が動いているということがあるのかもしれません。

一方千葉県は1000万円未満の低額帯の成約が比較的減っていません。これは住宅ローンを組む不安が少ないことや、不動産投資家が東京都の1Rから千葉県の現金で買える価格帯にシフトしている可能性もあるかもしれません。


本日は以上です。

ご質問等ございましたらお気軽にお願いします。

また、売却相談や査定依頼などもお待ちしております。



最後までご覧になっていただき、ありがとうございます。

マンション売却時の仲介手数料は成約価格の1%!江東区のマンション売却は仲介手数料1%・ご購入は最大無料のエムティーハウスへwww.mthousetokyo.net



1.当社ならマンションをご売却する際の仲介手数料は成約価格の1%です。

2.マンションをご売却する際の流れ

3.代表・角田の自己紹介・会社概要です。

4.無料査定依頼はこちら

更新日時 : 2020年05月21日 | この記事へのリンク : 

<<クレストフォルム清澄庭園リバーウイング(清澄白河駅6分×ペット可)     |  ブログ トップへ  |  パークステージ茅場町(茅場町駅8分×3駅4路線利用可×平成11年築の新耐震) >>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2020年06月        >>
  123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930       
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)