江東区周辺の中古マンション最新情報

ブログ一覧

相続って何?誰が相続するの?

相続とは・・・・・

亡くなった人の財産を、相続人が引き継ぐことです。

お亡くなりになると、すべての財産が相続人に引き継がれます。

ところで誰が相続人になるのでしょうか。

結婚相手(配偶者)、旦那様・奥様は必ず相続人になります。

ただ離婚していたり、籍が入っていない場合はなれません。

続いて子供も必ず相続人になります。

離婚している場合の子供も相続人になれますし、

婚姻関係にない男女間の子供も認知されていれば相続人になれます。

養子も人数制限などがありますが、相続人になれます。

また、胎児も生まれていませんが、相続人となります。

例えば、旦那様がなくなり、奥様と子供2人のご家庭であれば、相続人は3人となります。


子供がいない場合は、両親も相続人になります。

父・母だけでなく、 いない場合は祖父母が相続人になります。

例えば、30代の子供がいない若い夫婦で旦那様がなくなり、両親がご健在の場合

奥様がまず相続人になり、亡くなった旦那様の両親も相続人に なります。

ということで相続人は3人です。

子供や両親・祖父母がいない場合は兄弟が相続人となります。

例えば、 60代のご夫婦で、子供がいなくて、ご両親がすでにお亡くなりになっている場合

奥様は必ず相続人になりますが、亡くなった旦那様の兄弟も相続人になります。

兄弟が3人いれば、奥様と合わせて相続人は4人となります。

このケースが一番もめそうですよね。

奥様が全部もらってもいいのかなと思いますが、一部は兄弟が相続されてしまうのです。

さらに相続でお渡しできる現金があればいいのですが、不動産しかないという場合は大変です。

売らないといけないなんていうケース もでてくるかもしれません。

人が死ぬことなんてあまり考えたくないですが、必ず直面する問題でもあるので早めに対策を

考えましょう。


建設・不動産業 ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

更新日時 : 2016年07月24日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2018年11月        >>
        123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)